FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩かなくて叩いたと同じ

こどもを叩くことが悪いことか良いことかと聞かれると、やはり結局は状況によってしまうのだけれども、
叩かない教育なんて絶対にあり得ないというか、叩かれたときの痛さについては理解できる年齢ならば体感させるべき。


ただ、しょっちゅう叩く必要は無くて、
というか、それはただ単に親自身の不満をこどもにぶつけているだけだもんね。

それに、叩かなくても叩いたと同じ結果を出すことは、僕はそれ程難しくないと思っている。

叩かれる痛さと嫌悪感を理解させ、そして叩くにいたる経緯を確立させたならば、
こども相手ならば尚更、叩かなくても同じだけのダメージを与えることができるはず。

逆に言うと、叩かなければOKではなく、
叩かなくてもこどもにとって同等だったりそれ以上のダメージを与えられるということ。

ま、しかし実行力があることを日々見せなければ、舐められるのでそこは注意せなアカンね。


ようは怒ると怖いという事を理解させられれば、
「お父さん、怒るで」という言葉だけで、かなりの抑止力になるという事です。

theme : こどもと一緒に♪
genre : 育児

comment

Secret

Re: No title

お久しぶり!

相変わらず良い声してますか?

お父さんはたまにしか子供と接しないから、言いたいこと余計言えるんだよね(苦笑)
我ながらずるい存在です。

No title

お久しぶりです。

親としてのの意思レベル表示の手段として、叩く、こともしていますが、ちゃんと愛情をもって出来ているかというと・・自信ないです。


子供は理詰めではどうにもならない部分があるので、
話すだけでちゃんと判らせるって難しいときがありますね。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ぷるるん

  • Author:ぷるるん
  • ゲーム屋さん。
    おもろいゲームを作り、刺激的な毎日が送れるよう、ぼちぼち修行中。
ブログ内検索
blogram
blogram投票ボタン
カウンター
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。