FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーブンレンジの選び方

家電、特に白物家電が大好きな、ぷるるん的オーブンレンジの選び方を、
なんか唐突だけど、つらつらと書いていこうと思います。

というか、昨日社員と近所のインドカレーショップでオーブンレンジについて、
熱く(一方的に)語ったのですが、これは文字に起こした方がいいなと、感じちゃったのね。


さて、オーブンレンジとは、電子レンジ + 電気オーブン + グリルの機能を持った
食品を加工する調理家電です。

最近は、加熱水蒸気をあびせ掛けて、つまり水で焼くウォーターオーブン、スチームオーブン
という機能もついていることが多いですね。

オーブンレンジはとにかく多機能です。
食品に熱を与えるといえば、単機能のように思いますが、
熱を与える方法は、電子(電子レンジ)、ヒーター(オーブン/グリル)、コンベクション=温風(オーブン)、加熱水蒸気(スチームオーブン)、水蒸気(蒸し)とざっと5種類程もあり、それぞれ異なった機構で動作しています。

勿論、それぞれの機構毎に動作原理は異なりますので、メーカーによって得意不得意が出てしまうのです。
これはパッと見のカタログスペックではなかなかわかりません。

例えば、加熱水蒸気の機能は、シャープのヘルシオが有名ですが、
最近はどの会社のオーブンレンジにも搭載されていますし、加熱水蒸気の最高温度というスペックだけ見れば、
ヘルシオは340度、東芝の石釜オーブンは400度、パナソニックのビストロと三菱の石焼厨房は370度と実はヘルシオが一番スペックが低いのです!

しかし、水蒸気を使った調理ではやはりヘルシオが一番出来がよいと感じますし、
商品レビューやネットでの感想を見ていてもそう思います。

これは、加熱水蒸気を出す噴出口の場所や、加熱水蒸気の制御方法や量によるものだと思っています。
また、決定的な差として、シャープ以外はオーブン+加熱水蒸気であることに対して(だからスチームオーブンという名称)、シャープは加熱水蒸気のみで食品に熱を与えることです(だからウォーターオーブン?)。

事実加熱水蒸気の噴出口がオーブンの下についていて、食品に直接当たらないというメーカーもあります。
つまりこれ、水蒸気を出しているだけなんですね。
これではいくら水蒸気の温度が高くても、効率良く食品に熱をぶつけられません。


同じ味付けをしても、他社よりシャープで調理した方が断然薄味になります。
カタログスペックがどうであれ、いわゆる減塩効果はシャープがダントツに高いと感じます。

オーブン選びの記事はしばらく続けます。

theme : 電化製品
genre : ライフ

comment

Secret

No title

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ぷるるん

  • Author:ぷるるん
  • ゲーム屋さん。
    おもろいゲームを作り、刺激的な毎日が送れるよう、ぼちぼち修行中。
ブログ内検索
blogram
blogram投票ボタン
カウンター
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。