FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそエネルギー消費の新しい規範を

まずは、家族、そして社員と社員の家族全員が生きている事への感謝を。
そして被災されたすべての皆様に、何とも言葉に表せない悔しさにいちばん近い気持ちをお伝えしたい。
そしてどうぞ希望を失われないようにしていただきたいと、そう思います。
僕たちが、少しでも皆様を支えられるように、全力をかけます。



さて、今回は節電の話。

東電管轄の冷夏での消費電力は5000万キロワット超。
酷暑の需要は6000万キロワット超と言われている。

新発電所の稼働、他地方からの借電、そして休眠中の火力発電所を再稼働したとしても供給電力は5000万キロワットがやっとだという。

今、各会社、各個人、節電に努めていることと思う。
計画(無計画?)といえど、停電は非常に困る。
特にIT系の会社を経営している身としては、ネットワークが寸断する可能性が生じる事態は、経営のライフラインが絶たれることと同じだ。

節電で至る所で照明がダウンした街を歩く、蛍光灯を半分にしたオフィスで働く。
確かに不便を感じることもある、視力が落ちることへの怖さも感じる。
しかし、生活ができないわけではないし、やってみればこれでも十分じゃないかなと感じたのも事実だ。

照明が落とされた駅やスーパーに入って感じたのは、アメリカやヨーロッパっぽくなったなということだ。
あちらに訪れるたびに、駅やスーパーが暗いなぁと思っていた。
でも、特に問題ない。
むしろ日本に戻ってきてあまりの明るさに、疑問を感じる時すらある。


当たり前だと思っていたこと、いることを見直して、あるから使う、作れるから作る、消費できるから消費する、ではなく、今こそ、この危機を身近に感じている時だからこそ、僕たちは新しい生活のスタイルを生み出すべきじゃないだろうか。


できることはいくらでもある。
東京から、また柔軟さを持っているゲーム業界から提案してみよう。
知恵を絞れば、山ほどいいアイディアが出てくるはずだ。
後は、それを実行できるかどうか。
できれば、人類の寿命はまた少し伸びてくれるはずだ。
それが宇宙にとっていいことかどうかは、また別の話だけれども。



■まずは会社でできる電力消費量分散のアイディア
・出社状況に合わせたこまめな照明制御
・蛍光灯の数を半分に
・PCを低消費電力モードに
・不必要な部分の消灯
・空調の停止
・サマータイムの導入・涼しいうちから仕事開始
・休日のシフト化(会社休日を平日にする)・土日の方が電力消費量が少ない
・社員への節電の啓蒙
・効率の良い開発体制の確率と業界内での共有
・サーバーの効率化

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

comment

Secret

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ぷるるん

  • Author:ぷるるん
  • ゲーム屋さん。
    おもろいゲームを作り、刺激的な毎日が送れるよう、ぼちぼち修行中。
ブログ内検索
blogram
blogram投票ボタン
カウンター
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。